食器棚 引越し 台風

引越しと台風

引越し 台風

 

9月が台風シーズンだと言われていましたが、最近の傾向は7月や8月の段階で数多くの台風が日本に上陸しています。
夏場の引越しは、荒天が多くてヒヤヒヤしますね。

 

引越し日に台風が直撃しそうな場合はどうすればいいのでしょう?

 

引越しの時の天気を選ぶことはできませんので、もしかしたら引越し当日は大雨になるかもしれませんし、大雪になるかもしれません。
でも、一番困るのは台風が直撃する時です。

 

台風直撃の予報が出ているときは、まず引越し業者の連絡をして話し合いましょう。
引越し業者から連絡を待つのではなく、自分から先に動きましょう。

 

なぜなら、この場合でも引越しの前日と当日のキャンセルには、キャンセル料がかかる可能性があるからです。
台風が発生して、お住いの地域や引越し先の地域に直撃するという予報が出た段階で連絡しましょう。

 

たとえ荷物をトラックに積み込めたとしても、台風のせいで依頼者が新居にたどりつかない可能性もあります。
飛行機の欠航や新幹線が運休することもあるからです。

 

台風直撃の際は、どうするべきかしっかりとした話し合いが必要なのです。

 

ちなみに普通の雨や雪の場合は、なるべく家財が濡れないように対策をしながら荷物の運搬・配送を行います。
普通の雨でキャンセルすることはまずありません。

 

でも水分に弱い電化製品や革製品もありますから、梱包の時に雨も想定しておいたほうが良いです。
大事なものはしっかりとビニール袋に入れて、濡れないように自分でも対策しておきましょう。